スポンサーサイト

Posted by Foolwind on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校への関わり方②

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

前回の話から、学校にカウンセラーが関わる時のポイントについて、プロセスワークの視点から2つ、取り上げたいと思います。

一つは「場とロール」。
もう一つは「学校の一次プロセスと二次プロセス」です。

まず、「場とロール」について。

「場」とはフィールド、つまり、これから関わろうとしている人たちがいる、その「空間」だったり「場所」のことです。物理的な空間でなくても、Skype会議などでも人が集まれば「場」が出来ます。「おまえ、場の空気を読めよ!」というときの「場」のことだといったらわかりやすいでしょうか。量子物理学の分野でも粒子の振る舞いについては「場」の概念と結びつけて考えられているように、実は、私たち一人一人の振る舞いも、その「場」と密接な関係があると考えられます。(プロセスワークの創始者であるミンデルは、量子物理学者でもあります)

「場」はある意味で、「舞台」のようなものです。その「舞台」の上で私たちは感じ、考え、行動するのですが、「舞台」には予めいくつかの「役」が設定されています。学校と言う「舞台」であれば、「先生」と「生徒」だったり、「良い生徒」と「悪い生徒」だったり、「友だち」「遊び仲間」だったりします。これらの「役」というか、登場人物のことを「ロール」とプロセスワークでは呼んでいます。ユング心理学を知っている方は「ペルソナのこと?」と思われるあかも知れませんが、「ロール」は社会的(あるいは対外的)な意味での役割とは限りません。たとえば、「悲しむ人」や「育む存在」といったような、ペルソナよりも深いレベルで表現されることもあります。

いずれにしても、「“場”があれば“ロール”が存在する」ということだけ、ここでは押さえておきましょう。

さて、話を先ほどの場面に戻すと、どんな「ロール」が見えて来るでしょうか?
そして、私は「別室登校生徒に関するケース会議」という「場」において、どのような「ロール」を演じてしまったのでしょうか?

恐らく私は、「救済者」のロールを演じたのだと思います。「理解されない、不登校の子どもたちを救う」というような使命感に突き動かされるように、私はあの台詞を発したのです。ほら、台詞がまるで「正義の味方」みたいでしょう? 私はスクールカウンセラーになる前は民間の相談機関にいました。そこで、子どもたちや保護者の方たちから散々、学校への批判を聴いて来たこともあり、いつの間にかそのような役割にはまっていたのだと思います。学校批判をしているときの子どもや保護者は「被害者」ですから、学校は「加害者」(というロール)となり、それを聴く私には「救済者」というロールが期待されます。

そうして、ケース会議の時にまんまと私は「救済者」となり、「被害者」である生徒の居場所をまもるため、「加害者」である学校の教員を非難したのでした。(このように、場において何かのロールを演じさせられてしまうことを「ドリームアップ」とか「ドリーミングアップ」といいますが、詳しい説明は今回は割愛します)

さらに興味深いことに、誰かが「救済者」の役をとれば、必然的に反対側に「被害者(救済されるべきもの)」や「加害者」が布置されてしまうということです。この場面では「被害者=生徒」「加害者=生徒指導の教員」ということになります。

 まあ、私が「救済者」のロールをとったために、その教員が「加害者」的な発言をしてしまったのか、「加害者」的な教員がいたために私が「救済者」に布置されたのかはわかりませんが、とにかく、「場」や人と人との関係性に置いてはそういうことが良く起こるということは覚えておいた方が良いと思います。

私たちは、「個人」であると思っていたり、「中立である」と自分のことを思っていたりしますが、いったん「場」に入ると、そういうわけにいかなくなります。つまり、「場」と無関係でいられるわけではない以上、なんらかの「ロール」を演じることになると思っておいた方が良いでしょう。

それが「悪い」わけではありません。
ただ、自覚しておくこと、「自分がいまどんなロールを演じているのか」を意識することが大切です

そうでないと、例えば、先ほどの会議の場面のようなことが起こった時に、「なんだあの教師は! あれでも教師か!」というような批判的な感情に自分が支配されてしまい、それこそ教員と協力して働くことができなくなるでしょう。もちろん、そのような態度では教師の方から信頼されることもありません。

当時、私はプロセスワークのことは全く知らなかったのですが、運良く「もしかしたら、知らないうちに生徒の味方につき過ぎていたかも」と気づくことができ、そのことをその先生に伝えることで、話を再開することが出来ました。

「気づくこと」と、「オープンになること」は時に、膠着した状態を突破するきっかけになる、ということを気づかせてもらった事件でもありました。

いや〜、冷や汗かきました・・・(^_^;)



 ・・・と、今回はここまで。
次回は「学校の一次プロセスと二次プロセス」を取り上げます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://posc.blog.fc2.com/tb.php/4-d3ab35f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。