スポンサーサイト

Posted by Foolwind on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の「一次プロセス」と「二次プロセス」②

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

前回からの続きです。

前回のブログでは、

 ①PWでは物事を「一次プロセス」と「二次プロセス」に分けて考える。
 ②「一次プロセス」と「二次プロセス」は流動的である。
 ③これらの構造を見立てることが学校(などの組織)に関わって行く上で大切である。


などについて説明をしました。今日は、これを学校について考えてみます。

 一般的に言って、学校の先生方や保護者、世間は学校を「通うのが当たり前の場所」と捉えていることが多いと思います。授業に参加するのも「当たり前」だし、先生の言うことを聞くのも「当たり前」です。あるいは、「通うべき」と考えていると言い換えても良いかもしれません。ちょっと大雑把ではありますが、これらは学校の「一次プロセス」と言えるでしょう。もちろん、このような「一次プロセス」は間違っているわけでも悪い訳でもありません。むしろ、学校や社会のシステムを維持するためにとても大切な機能を果たしていると言えます。

 一方、生徒の問題行動や不登校などは、学校の「二次プロセス」として捉えることが可能です。それらは学校にとってあきらかに「問題」であるからです。もちろん、二次プロセスであるということは、その学校や関わっておられる先生方にとって、そこから何かメッセージを受け取り、いずれは統合される必要がある存在であるかも知れません。しかし、これらの存在を「良し」とすることは(学校の一次プロセスにとって)とても難しいことなのです。「一次プロセス」はその人や組織のアイデンティティととても強固に結びついているからです。

 学校に関わる時には、そういったことを十分に理解し、尊重する必要あります。「一次プロセス」がその人(や組織)にとってのアイデンティティと密接に結びついているということは、「二次プロセス」はある意味で「自分(たち)」という存在(のアイデンティティ)を脅かす脅威として体験されます。

 不登校や服装の乱れなど、様々な生徒の問題行動について何らかの配慮を提案した時に、「例外を認めたら、歯止めが利かなくなってしまう」「みんながそうなると、学校がメチャクチャになってしまう」という「恐れ」にも似た反応をされる先生方が少なくないのも、そういったことが背景にあると考えると納得がいくのではないでしょうか。

 前回までに、私の発言/態度によって会議が中断してしまったエピソードについて、「場」と「ロール」という視点からお話しました。(「学校への関わり方①」)(「学校への関わり方②」) これを別の視点から説明すると、「スクールカウンセラーが学校の一次プロセスを脅かしたので、カウンセラー自身が(学校の二次プロセスとして)排除されそうになった」と言い換えることことが可能かも知れません。私は民間のカウンセリング機関でキャリアをスタートさせたこともあり、「行き場の無い生徒に居場所を与える」ことは、ある意味で「当たり前」の感覚だったのです。つまり、それが私の「一次プロセス」になっていたのですね。

 私や不登校生徒にとっての「一次プロセス」が学校の「二次プロセス」になっていると同時に、それは学校にとっても同じ(内容が反対で構造が同じ)ことなのです。そうなると、「どちらが正しくて、どちらが間違っているか」という問題ではなくなってきます

 「郷に入れば郷に従え」とは言いませんが、相手が個人であっても家族であっても、あるいは組織であっても、その「一次プロセスを尊重する」ことが関係を築く上で非常に大切になってくるのです。このことを無視すると、「一次プロセス」を脅かす「異物」として、相手のシステムから排除されてしまうことなりがちです。

 とはいえ、一次プロセスと完全に同一化してしまうと、今度は何のためにいるのか解らなくなってしまします。したがって、スクールカウンセラーは時に学校から「二次プロセス」として捉えられる可能性を十分に自覚しつつ、学校の「一次プロセス」を脅かさないように配慮しながら、慎重にその「システム」と関わって行くことが肝要になって来るのだと思います。

 お互いにとって、同じように相手が二次プロセスであり、お互いに学ぶ必要がある」という立場に立てるかどうかが、スクールカウンセラーという専門家が学校に関わって行く時の大切なポイントになるように思います。

スポンサーサイト

学校の「一次プロセス」と「二次プロセス」①

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

 今回は、学校の「一次プロセス」と「二次プロセス」について取り上げたいと思います。

 このHPで取り上げている「プロセス指向心理学(もしくはプロセスワーク)」は、基本的にものごとを「一次プロセス」と「二次プロセス」とに分けて考えます。大雑把に言って「一次プロセス」とは、自分(たち)が自己一致しているもの、自分(たち)だと思っている部分を言います。 また、「〜べきである」といった「信念」と結びついていることも多くあります。「二次プロセス」はそれ以外のもののことを言います。私たちが「問題」だと思う事柄は、自分以外からもたらされる(例えば、文句を言って来る人)か、あるいは自分にとって受け入れ難い(例えば身体症状だったり鬱的な気分だったり)ものであるので、「二次プロセス」として扱われることになります。

 一方で、プロセスワークはユング心理学から発展したこともあり、「陰」も「陽」もあって「全体」であると考えます。言い換えるなら、「一次プロセス」も「二次プロセス」も全体にとっては必要なものである、と言う風に考えるのです。つまり、「二次プロセス」である「問題」を、ただ「無くすべきもの」と考えるのではなく、自分の全体性にとって意味のあるものであるかも知れない、という態度を取るのです。

 この考え方が、私がプロセスワークに惹かれるところでもあります。自然界に無駄なものが無い様に、私たちの人生にも無駄なものなど無いのだとしたら、ステキだと思いませんか? 様々なワークを通して自分を困らせる「問題」の「意味」を理解し、捉え方や感じ方が変わり、さらにそのエッセンスを自分に統合することで、「自分」が拡張される瞬間こそがプロセスワークの醍醐味の一つでもあります。

 さて、この「一次プロセス」「二次プロセス」の考え方を「学校」に当てはめて考えてみるとどうなるでしょうか? 学校の「一次プロセス」とはどのようなもので、「二次プロセス」とはどのようなものが考えられるでしょうか?

 もちろん、それはそれぞれの学校や先生によっても違いますし、時代やタイミングによっても変わって来ます。実のところ、「一次プロセス」や「二次プロセス」は固定されたものではなく、変化するものであるからこそ「プロセス」という言葉を創始者のA.ミンデルは使ったのだそうです。

 とは言うものの、とりあえずでも良いのでこの「プロセス構造(一次プロセスと二次プロセス、そしてその間にあるエッジ:エッジについてはまた改めて書きます)」を見立てておくことが出来ると、個人や組織に関わって行くときに役に立つことが多いです。



今回はここまで。②に続きます。

学校への関わり方②

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

前回の話から、学校にカウンセラーが関わる時のポイントについて、プロセスワークの視点から2つ、取り上げたいと思います。

一つは「場とロール」。
もう一つは「学校の一次プロセスと二次プロセス」です。

まず、「場とロール」について。

「場」とはフィールド、つまり、これから関わろうとしている人たちがいる、その「空間」だったり「場所」のことです。物理的な空間でなくても、Skype会議などでも人が集まれば「場」が出来ます。「おまえ、場の空気を読めよ!」というときの「場」のことだといったらわかりやすいでしょうか。量子物理学の分野でも粒子の振る舞いについては「場」の概念と結びつけて考えられているように、実は、私たち一人一人の振る舞いも、その「場」と密接な関係があると考えられます。(プロセスワークの創始者であるミンデルは、量子物理学者でもあります)

「場」はある意味で、「舞台」のようなものです。その「舞台」の上で私たちは感じ、考え、行動するのですが、「舞台」には予めいくつかの「役」が設定されています。学校と言う「舞台」であれば、「先生」と「生徒」だったり、「良い生徒」と「悪い生徒」だったり、「友だち」「遊び仲間」だったりします。これらの「役」というか、登場人物のことを「ロール」とプロセスワークでは呼んでいます。ユング心理学を知っている方は「ペルソナのこと?」と思われるあかも知れませんが、「ロール」は社会的(あるいは対外的)な意味での役割とは限りません。たとえば、「悲しむ人」や「育む存在」といったような、ペルソナよりも深いレベルで表現されることもあります。

いずれにしても、「“場”があれば“ロール”が存在する」ということだけ、ここでは押さえておきましょう。

さて、話を先ほどの場面に戻すと、どんな「ロール」が見えて来るでしょうか?
そして、私は「別室登校生徒に関するケース会議」という「場」において、どのような「ロール」を演じてしまったのでしょうか?

恐らく私は、「救済者」のロールを演じたのだと思います。「理解されない、不登校の子どもたちを救う」というような使命感に突き動かされるように、私はあの台詞を発したのです。ほら、台詞がまるで「正義の味方」みたいでしょう? 私はスクールカウンセラーになる前は民間の相談機関にいました。そこで、子どもたちや保護者の方たちから散々、学校への批判を聴いて来たこともあり、いつの間にかそのような役割にはまっていたのだと思います。学校批判をしているときの子どもや保護者は「被害者」ですから、学校は「加害者」(というロール)となり、それを聴く私には「救済者」というロールが期待されます。

そうして、ケース会議の時にまんまと私は「救済者」となり、「被害者」である生徒の居場所をまもるため、「加害者」である学校の教員を非難したのでした。(このように、場において何かのロールを演じさせられてしまうことを「ドリームアップ」とか「ドリーミングアップ」といいますが、詳しい説明は今回は割愛します)

さらに興味深いことに、誰かが「救済者」の役をとれば、必然的に反対側に「被害者(救済されるべきもの)」や「加害者」が布置されてしまうということです。この場面では「被害者=生徒」「加害者=生徒指導の教員」ということになります。

 まあ、私が「救済者」のロールをとったために、その教員が「加害者」的な発言をしてしまったのか、「加害者」的な教員がいたために私が「救済者」に布置されたのかはわかりませんが、とにかく、「場」や人と人との関係性に置いてはそういうことが良く起こるということは覚えておいた方が良いと思います。

私たちは、「個人」であると思っていたり、「中立である」と自分のことを思っていたりしますが、いったん「場」に入ると、そういうわけにいかなくなります。つまり、「場」と無関係でいられるわけではない以上、なんらかの「ロール」を演じることになると思っておいた方が良いでしょう。

それが「悪い」わけではありません。
ただ、自覚しておくこと、「自分がいまどんなロールを演じているのか」を意識することが大切です

そうでないと、例えば、先ほどの会議の場面のようなことが起こった時に、「なんだあの教師は! あれでも教師か!」というような批判的な感情に自分が支配されてしまい、それこそ教員と協力して働くことができなくなるでしょう。もちろん、そのような態度では教師の方から信頼されることもありません。

当時、私はプロセスワークのことは全く知らなかったのですが、運良く「もしかしたら、知らないうちに生徒の味方につき過ぎていたかも」と気づくことができ、そのことをその先生に伝えることで、話を再開することが出来ました。

「気づくこと」と、「オープンになること」は時に、膠着した状態を突破するきっかけになる、ということを気づかせてもらった事件でもありました。

いや〜、冷や汗かきました・・・(^_^;)



 ・・・と、今回はここまで。
次回は「学校の一次プロセスと二次プロセス」を取り上げます。

学校への関わり方①

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

僕はスクールカウンセリング活動の最初期に、ある失敗を体験しています。
当時の僕は、スクールカウンセラー1年目の新人です。その一方で、民間のカウンセリング研究所やフリースクールなどで、不登校と関わった体験は既にある程度積んでいました。

それは、ある別室登校をしている生徒たちをめぐってのケース会議の場面で起こりました。
その生徒たちへの対応について、生徒指導の先生が杓子定規というか、融通が利かないと言うか、とりつくしまのないようなことばかり言っていました。さらに、その生徒への「批判」を繰り返したのです。

僕は段々イライラして来て、「だったら、そういう生徒たちは一体、どうしたらいいんですか!?」とちょっと(?)強い口調で発言してしまいました。するとその先生は「そんなヤツは学校に来なくていいんだ!」と言い放って、席を立ってしまったのです! 会議室には重く、気まずいムードが漂い、なんとなく会議は途中で解散してしまいました。

職員室に戻って、ようやく「これでは仕事にならない」と思い始め、ひとまず冷静になるために珈琲を淹れました。そして、もう一杯の珈琲も入れて、喫煙所で一人煙草を吸っておられたその先生の隣りに持って行き、となりに座って話しかけたのです。(けっこう、勇気がいりましたが・・・)

「先ほどは大変、失礼をしてすみませんでした。子どもからの話ばかり聴いていて、僕の考えも少し偏っていたかも知れません。でも、このままでは良くないことはみんな解っていることですし、少し焦ってしまいました。先生のお考えをもう少し聴かせていただけませんか?」

すると幸いなことにその先生はこれまでのいきさつを話してくれたのです。生徒が不登校になったきっかけや、これまでにされてきた様々な提案や働きかけ、そしてそれらが全て拒否されてきたこと、いつまでたっても改善されない焦り、教育者としての葛藤、3年になれば社会へ出さなくてはいけないというプレッシャー、そして、先生の考える「教育」について語ってくれたのです。

一通り話されてから先生は、「・・・とはいうものの、言う通りに行くくらいだったら最初から苦労はしないよな。まあ、学校で居場所は確保することは良しとしましょう。でも、それで“なあなあ”にするのではなくて、ちゃんとカウンセリングを受けさせて、自分たちで問題に向き合わさせることが条件です」と言ってくれたのでした。

おかげでその生徒と私との定期的なカウンセリングが実現しました。そして、その先生は他の非行系の生徒などもカウンセリングに繋いでくれたり、教育委員会に行かれてからも小学校とつないでくださったり、私のリクエストに応えて、地域のカウンセラー同士のミーティングなども設定してくれたりしました。先生のおかげで、私は学校でも地域でもとても働きやすくなったのです。

 この体験は私にとってとても大きく、その後の学校への関わり方をある意味で決定づけたと言えます。

当時の私はプロセスワークなどまったく知らなかったのですが、今振り返ると、学校や組織に私たちが関わって行く上での大切なポイントがいくつかあったように思います。

少し長くなってしまいましたので、次回以降、それらを取り上げたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。