スポンサーサイト

Posted by Foolwind on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事例検討グループの“夢”

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

教員のための『対話による事例検討会』の5回目が終わりました。

継続できていること自体、嬉しいですが、実はもう一つ喜んでいることがあります。
それは、参加者の方が職員室で困っている知り合いの職員を誘ってくださることが続いていること。毎回「初参加」の方がおられるのがとっても新鮮で嬉しい驚きなのです(^_^)

なので、自分としては「今回は無くしてしまおうかな」と思いつつ、毎回「プロセスワークってね・・・」という話をすることになります。

結果的に先生たちは「良い復習になる」といって喜んでくれているようです。
プロセスワークの考え方って、「一次、二次、エッジ」とか、シンプルなんだけど、どういうわけか、聴くたびに新鮮なんですよね。しかも、実際にやってみようとすると、急に「はてな?」となったりすることも多いです。やはり、普段の私たちの物事の捉え方とずいぶん違っているからなのではないかな、とか思ったります。

さて、今回は初参加の若い女性の先生がボロボロに泣かれながらケースに取り組まれたのですが、参加された他の先生方の本当に暖かく、熱心なサポートが印象的な、とってもハートウォーミングな会となりました。

検討会の最後に先生方が感想として話されたのは、「このような話し合いが職員室ではなかなかできない」ということ。ケース会議の場を持ったとしても、本当に建設的でやる気の出る会議にはなりにくいと言います。

その原因はいくつも考えられます。

・そもそも、新人と言ってもプロなので、泣き言は言えない(という思い込み)。
・そもそも、ベテランのアドバイスは、新人にはハードルが高く、プレッシャー。
・そして、そのことに気づいているベテランは却って遠慮してしまう。
・そもそも、じっくりと話す時間が無い。
・そもそも、みんな自分のクラスのことで手一杯。

・・・などなど。

そして、さらに大きな問題が二つあると考えました。

一つは、
「ミーティングは負担が大きいだけで有効な解決策が見つからず、辛い」
という、これまでの体験。

直線的な因果論で取り組んでいくと、例えば、家族の職業や価値観、事情など、教員サイドでは「どうしようもできないこと」にぶち当たったときに、大きな無力感に襲われます。さらに、原因の捉え方や対処方法が教員の教育観や価値観によって違っており、ミーティングがその「意見の戦いの場」になってしまうことも、先生たちがケース会議が嫌いになる原因の一つのようです。原因を特定するつもりで、悪者探しになってしまい、しかも、それが「変えようがない」ことに気づいてしまったら、会議が不毛なだけでなく、大きな徒労感に襲われてしまうことでしょう。

そして今回気づいたのですが、本当に困った時ほど「ケース会議」なるものが好まれないもう一つの理由は、「教員自身の感情が扱われない」ことではないか、という気がしました。

泣いたり、落ち込んだり、腹を立てたりすることは、「慰めてもらえる」ことはあっても、「この事例とどんな風に関わりがあるのか」というような捉え方は普通、されません。事例とは切り離されて、その教員の「個人的な問題」として扱われることがほとんどでしょう。すると、「困った時」にそれを持ち出すのは、本人とってはとてもハードルが高いものになります。

しかし、実は「事例の当事者でもある教員に起こる感情的な反応は、事例の持っているテーマと深く関わりあっている場合が少なくない」のです。

今回の事例は環境的に非常に厳しいもので、問題の原因に対して「どうしようもない」ことが多い事例でした。通常なら重苦しいムードに支配されて、みんなうつむいてしまったかもしれません。何を隠そう、僕自身が事例をホワイトボードにメモしていく過程でどんどん追い込まれていきましたから・・・。

しかし、教員に起こった感情的な反応に焦点をあてたところから、子どもの抱えているテーマを全員が深く感じ取ることができ、さらに悪者にされかけた家族の想いにまでも理解が及んだのです。

この若い先生は、事例検討の中でご自分のもっている大きなエッジ(抵抗、信念、限界)に果敢に取り組んでくださいました。そしてそれは、ケースの子どもと自身がが抱えているエッジでもあったのです。

子どもの問題は、実は子どもだけの問題ではありません。
それは、関わっているもの全員に関わるものであり、全員にとって成長の「種」である可能性があるのです。

このようにして、問題の持っている「テーマ」がわかると、ましてやそれが実感を伴って「腑に落ちる」体験でなされると(それだけでも良いくらいですが)、その後の話し合いはとても一貫性があり、「全員で取り組んでいる感」がハンパないです。なぜなら、感情的な深い「テーマ」は多かれ少なかれ、誰の中にもあるものとして共感することができるからです。

まあ、実際のところ、プロセスワークの事例検討だからといって、すべての「問題」が魔法のように解決されるとは限りません。僕自身の限界のせいでもありますが、やはり、難しい問題は難しいです(^_^;)

でも、参加された先生方のチェックインやチェックアウトのことばを聞いていると、単純に「解決」だけを求めておられるのではないように思うようになりました。先生方は、どうやら上に書いたような「腑に落ちる体験」「問題の意味に触れる体験」がしたくて、この事例検討グループに参加されているようです。だから、お休みの日にもかかわらず参加してくださるのかも知れませんし、みなさん勉強会の場面だけでなく、「うちの学校でやってほしい」「町全体でやってほしい」という風に、ご自分の「いつもの場所」に僕を呼ぼうとされるのかもしれません。「もっとたくさんの人に体験してほしい」と思ってもらえるのは嬉しいです。

でも、僕は少し意地悪です。

僕の野望は、参加される先生方ご自身が「このような話し合い」の態度やスキルを身につけて、ご自身の職場で実践されるようになられることなのです。

僕一人に出来ることはたかが知れています。

だけど、先生方が変われば、学校が変わります。
学校が変われば、子どもが変わり、
子どもたちが変われば家族が、地域が変わるかもしれません。


そしていつか・・・。


そんなことを実は夢見てたりします。
その小さな「きっかけ」くらいにはなれるかも知れない。

そんなことを感じさせてもらえる、今日の勉強会でした。

スポンサーサイト

研修会で嬉しいサプライズ

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

今日は、とても嬉しいことがあったので、あつかましくも報告(自慢?)させてください。

実は、今日はある地域の小中の先生方が全員参加する研修会の講師をやってきました。内容としては、「小中連携のあり方」が主なテーマなのですが、それに加えて、「先生方にカウンセリング・マインドを身につけさせて欲しい」「今どきの保護者対応や生徒対応について教えて欲しい」「教職員間の人間関係を何とかして欲しい」「先生たちの独りよがりを何とかして欲しい」「楽しく、和気あいあいとして雰囲気をつくって、みんなを仲良くさせて欲しい」などなど、リクエストがたくさん・・・(^_^;)

僕は、この地区の全ての学校に関わっているので、いろんな内部と言うか裏事情も知っているので、なかなかハードルが高いな・・・と。

しかも、僕は何も小中連携のスペシャリストというわけでもないのです。
考えに考え、まずは、自分(カウンセラー自身)の体験(事例)を題材に、連携の時の注意点や大切なことなどをみんなで考えてまとめて行くという時間を持ちました。そして、人と対話をして行くときに「判断や想定」を一旦手放してオープンな態度で聞いて行くことの大切さについても、ナゾナゾやエクササイズを使って取り組みます。

そして最後は、ちょっとチャレンジだったけど、A.I.(もどき?)をやってみました。学校ごとではなく、班ごとに全ての職員をごちゃまぜのグループにして(研修会のスタートはなかなかの緊張感でした)、日頃はあまり交流の無い先生同士で、インタビューをしてもらったのです。

これがすごく良かった!

あちこちから歓声が上がり、なかには涙ながらに語られる先生もおられました。話を聴いて、その人の長所や大事にしていることについて感じたことをポストイットにして手渡すということもやり、みなさん、恥ずかしそうにしながらも笑顔、笑顔・・・(^_^)

僕はそれでもう、大満足・・・!

ところが、さらにステキなご褒美が待っていたのです!
なんと、あるグループが僕の「インタビューをしたい」と言ってくれて、僕までもがA.I.の参加者に!
講師の僕までもがいっぱい、ポストイットを頂いて、最後はアーニーよろしく、「一本締め」で研修会は終了〜。(管理職もたくさんいる町の教職員研修会で一本締めで終わる研修会もめずらしいでしょう!)

すると、会が終わってから何人もの先生たちが僕にメッセージを書いたポストイットを持って来てくれて、僕の身体にペタペタと張ってくれたのでした!

後片付けと、今後の色んな打ち合わせがあったので、ゆっくり読む暇もなかったのだけど、帰りにコンビニに寄って車の中で読んで一人でしみじみ・・・(^_^)

やっぱり、うれしいもんですね〜。
今日は、やり切った感があります!

内容は直前まで決まらず、朝は緊張してナーバスになっていたのですが、会場に向かう車中でのインナーワークで、「先生たちのため」でもなく、「自分に従う」でもなく、「場の知恵に任せるのだ」という気づきのお陰で、緊張もとれて想像以上にステキな会となりました。

その場にいる全ての人がセレブレートされるような場を体験させていただき、僕は幸せ者です・・・。
いよいよ2学期が始まりますが、今日くらいはちょっと「お祝い」の気分・・・(^_^)♪

ポストイット

対話で取り組む事例検討会 第4回

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

今日は、とある町の先生方対象の自主勉強会。
『対話で取り組む事例検討会』の第4回目でした。

この事例検討会では、「自分たちで解決を生み出す」をテーマに、基本的にプロセスワークを使って事例検討を行っています。今年の春くらいに、ある先生に背中を押されて細々と始めたのですが、細々と続いており、今回も新たに3名の方の参加がありました。(ある学校の校長先生まで来てくれるようになりました)

・プロセスワークのレクチャー
・今回のミニ・トピック
・事例検討(場合によってはグループワーク)

という構成でやっているのですが、毎回、事例検討の時間はドキドキです。
うまく落とし所が見つかるのか、新たな発見が見つかるのか、いずれにしても、ここで「来て良かった」と思っていただけるかどうかが決まる気がするからです。一応、有料ですしね。

ただ、各学校にスクールカウンセラーはいるし、この町はその他にも町の相談員やスクールソーシャルワーカー、特別な講師など、いろいろ充実したスタッフがいるわけで・・・逆に言えば、それでも各学校でどうにも「らちがあかない」ケースがここに持ち込まれてくるわけで・・・そうすると、僕にとってもとーぜんハードルが高いわけで・・・(^_^;)

そういうわけで、実際に事例検討に入るときにはそれなりの緊張感がともなうのですが、でも、僕は実は密かに(?)決めていること、というか、大事にしていることがあるのです。

それは、たとえ、うまく解決策がみつからなくても、「生徒や保護者の気持ちがやっとわかった」とか、「自分のしていることがわかった」とか、「この子に興味が湧いてきた」とか、そんな「体験」や「発見」を先生方にしてもらうこと。前回の事例検討会では「分析」や「意見交換」が主になって、この「実感」が少なく、自分としてはとてもモヤモヤ感が残ったので、今回はがっつりと先生にロールに入ってもらいました。

ロールプレイをやると、先生方は本当に生き生きとします!
(最初は恥ずかしがりますが・・・)
それこそ、たとえ問題が解決しなくても、子どもになりきって、その子の気持ちをありありと「体感」できると、それだけで、すごい満足感があるようです。

「わあ、こういうことか!」
「やっと気持ちがわかった!」
「そりゃ、怒るはずだわ〜」

などなど、新たな発見に場が盛り上がります。

これこそが、僕がこの事例検討会でやりたかったことなんですね〜。

先生方って、もともとは子どもが好きで、関わるのが好きで教師になった人がやっぱり多いんですよね。でも、日常の「問題解決」に追われて、いつのまにかその「ワクワク」を忘れていくようです。この事例検討会の目的は、「わからないものに取り組むワクワクを思い出すこと」。自分で問題解決を発見したり生み出したりする力をつけることです。

どーせ、僕には代わりに問題解決してあげる力なんてないし、カウンセラー一人にできることなんて、たかがしれています。それよりも、現場の先生方が生き生きと教育に関わってくれるようになる方が、何百倍も効果があると、僕は信じているのです。

『対話で取り組む事例検討会』第3回

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

本日は、ある町の教職員を対象に行っている勉強会でした。
ようやく、3回目。

参加者の一人の先生が教えてくれたのですが、田舎の地区ということもあり、教師の自主的な学習会が根付いたことはこれまでに無いそうです。安いとは言え、有料だしね。この勉強会もいつまで続けられることやら・・・(^_^;)

今のところ、参加されている先生方は、「ずっと続けよー!」「町中にこのやりかた(プロセスワークに基づいたアプローチ)を根付かせよー!」と、かなり鼻息が荒いです...(^_^;)

今回の少し面白い展開としては、参加者の一人が違う町の友人の先生を誘って連れて来られたことでした。そして、セミナー後、その先生からは「今後も継続して参加したい」とのメールをいただきました。

本当に、小さくて地味〜な勉強会なのですが、少しずつ根付いたり、広がって行くのかしら???
今後が楽しみになってきました〜(^_^)♪

「歌」ではなく・・・

Posted by Foolwind on   0 comments   0 trackback

とある中学校での職員研修会でした。

ここしばらく音楽三昧だったので、資料を作っている時に、「ギター持って行って、歌でも歌っちゃう?」とか思ったりして、Facebookでもつぶやいたりしていたのだけど、朝起きてもどうもしっくり来ない。

「一緒に歌いたい」気持ちはあるのだけど、なんだか「歌」では無いような気がする・・・。
どうも、勢いを持ち込むことができない感じなのです。

・・・てなことを内の奥様に話したら、ちょこっとワークをしてくれました。
そうして、出て来たキーワードは「尊重」。

僕は、現場の先生方のあり様、専門性、お仕事にたいして、「尊重」したがっていたのです!
自分らしく「歌」で伝えることも可能かもしれないけれど、それだと僕が一番楽しんでしまう可能性があるし、先生方が僕に対して「拍手を送る」ことになってしまう。

そうではなく、「僕が先生方に拍手を送りたい」ということに気がついたのでした。

そんなわけで、研修の内容については事前にリクエストされていたものをさらに充実させ、そして、先生方にいろんなワークを体験してもらった。その結果、新しいことにチャレンジし、体験し、発見していく先生方に、僕の方から拍手を送ることができた。

「歌っちゃう」というみなさまからの期待(?)には応えられませんでしたが、コメントくださった方々、ありがとうございました。みなさんのコメントのおかげで自分でも気づいてなかった願いに繋がることができました。

満足・・・(^_^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。